3942

読書感想文/マーケティング/広告/アメリカ市場など。基本的にフィクションです。

【短編小説】目に見えない②

◆2章◆

 

 小澤は僕と同い年で、つまり25歳で、大学時代からの友人だ。この粗野で我侭で、強引な男とどこで馬が合ったかわからないが、大学を卒業して社会人3年目となった今でも、たまにこうして顔を合わせている。

 僕は紙ナプキンで口元を抑えながら、小澤の顔をまじまじと眺めた。顔の輪郭は丸々とし、顎が二重に見えるほど、首周りに豊かな贅肉をたたえている。つぶらな瞳には冷たさが宿り、愛嬌とはほど遠い、泥川のような闇を携えていた。

 お世辞にも整っているとはいえないその顔で、小澤はよくキャバクラに赴いた。彼の屈折した趣味のひとつに、キャバクラの従業員、つまりキャバ嬢を口説き落とすことがある。そして不思議でたまらないのだが、行く度に、かなりの確率で、キャバ嬢を口説き落とす事に成功しているのだ。

「女は結局、金と、強引さだよ」とは彼の口癖で、学生時代から親の金を使い込んでは、日夜、淫逸な遊興に勤しんでいた。そして僕も、稀に、本当に稀にだが、小澤のお遊びのおこぼれに預かる時があった。

 

 リサと出会ったあの日も、小澤と二人で渋谷のキャバクラに行っていた。今日と同じように蒸し暑い、一年前の夏の日だった。小澤がいつもそうしているように、羽振りの良さをさんざんひけらかした後、僕らのテーブルについていた、マユコという化粧の派手な女性を誘った。マユコは快諾し、キャバクラ閉店後に、明け方近くまで開いている近くのお店で飲むことになった。

 リサはその日、体験としてキャバクラで働いていた。たまたま、リサとマユコの仲が良かったため、たまたま、リサは僕たちについてきた。

「面白そうだったから」とリサは真顔で言っていた。彼女の、小澤を真っすぐに見据える屈託ない表情からは、ある思いが読み取れた。なぜ小澤のような男がこうも容易くキャバ嬢を、しかも自身の友人を、外に連れ出す事に成功したのか。目の前に現れた、解明すべき難題に、面白みを感じている様子だった。

 小澤にしても、リサのような化粧の薄い清楚な女性は好みではなく、厚く化粧を塗りたくった、明るい髪色の女性に昂る傾向があったため、リサの好奇の目を特に気にする素振りも見せず、隣に座らせたマユコに熱心に語りかけていた。

 僕ら4人はソファ席に向かい合う形で座っていた。黒い牛革のソファで、一点に体重をかけると、その箇所から山あいのようにこんもりとした凹凸が放射状に伸びていく。僕はすぐ隣に座るリサを頻繁に盗み見た。彼女はキャバ嬢と思えないほど控えめな化粧をしていたにも関わらず、きらびやかで多彩な女性が蠢めいていたキャバクラの中でも、その美しさはひときわ目立っていた。薄暗い店内の中、僕は温もりさえ感じる程の距離に座るリサをもう一度盗み見た。ノースリーブの肩にまで垂れた艶のある黒い髪、その間から、透き通るように白い首筋がのぞく。真ん中で分けられた前髪は、すーっと線が引かれたように伸びる二重まぶたの魅力を一層引き立てていて、その非人工的な曲線美に目を奪われそうになった。

 視線をごまかすように向かいに座る小澤を見ると、彼はよっぽどマユコを気に入ったのか、こちらに話題を振る気配は微塵も見せず、鼻の下を伸ばしたままかっかっと笑っていた。

「浜野くんは、あの小澤って人と、仲良いの?」

 リサが小指の爪をいじりながら聞いてきた。

「仲が良いとは思っていないけど、なんだかんだ一緒にいるね」僕もつられて、用もないのに小指の爪を親指で擦った。リサは顔も上げず、小指を見つめたまま、興味なさそうに、ふーん、と相槌を打った。

「小澤は、寂しいやつなんだよ」途切れそうになった会話の溝を咄嗟に埋めようと、深い考えも無しに僕は言った。

「ああ、それは、なんとなく分かる」

 リサは小指をいじるのを止め、顔を上げて小澤をちらりと見ると、そのまま顔を横に向けて、隣に座る僕を見た。なんとも眠たげな顔をしていた。

「結局、金でしょ?」と呟くと、彼女ははぁっとため息をついて、ソファの背に勢い良くもたれかかった。「つまんない。リサ、半身浴したい」

 僕は苦虫が口に湧いたような気分になり、応えに窮した。言いたいことを自分の好きなタイミングで言ってしまうような女性は苦手だった。全ての会話を自分のペースに持ち込んでしまう人への対応に、僕はいつも苦心していたのだ。なぜ急に半身浴がしたくなったのか、そして何故それをこの場で言ってしまうのか、理解できなかった。

「半身浴は、気持ち良いもんね」

 僕は相手の機嫌を損なわないように、慎重に返事をした。

「リサちゃんは小澤がお金持ちってこと、知っていたの?」

「知らなかったけど、なんとなく分かっちゃった。さっきから自慢話しかしてないんだもん。そういう人って、自分が持っているもの、ひけらかすのよ。マユコも、なんであんなのが良いんだろうなぁ」

 リサは、はたして小澤にどんな隠れた魅力があるのか解明したかったのだろう。それが、結局は単なるお金持ちということが分かり、途端に小澤への興味を失ったように見えた。

「まあ、お金も、大事なんだけどね」リサはぽつりと呟く。

「そうなんだ」

「浜野くんは、そういうの、興味なさそうだよね」

「そういうのって?」

「お金とか、女とか、ジャラジャラしたものとかギラギラしたもの」

「そうかな」

「オクテそう」

「僕だって」少しムッとなって、僕はリサをまじまじと見つめた。「セックスくらい、するよ」

 リサは声をたてて笑い。

「そんなムキにならないでよ。童貞だなんて言ってないじゃん」と、僕の肩を叩いた。僕は恥ずかしくなって、何か話題を変えようと思い、リサの胸元に光るネックレスを見つけて、似合うねといった。

「似合うでしょ」と、リサは得意げに返した。

「うん、とっても。高かったんじゃない?」

「高いよ、たぶん。分かんない、買ってもらったから」

「誰に?」とたずねると、リサはぷっと噴き出した。

「浜野くん、そういうことは、普通、聞かないもんだよ」

「え、ごめん」

「いいんだけどさ。高かったんだぞ、ってくれた人が言っていたから、多分高いんだと思う。それに」リサは続けた

「それに、安かったら、私には似合わないから」

 凛とした表情から、冗談で言っているわけではないことが伝わってきた。かといって、鼻にかけるようなおごりもない。僕はこの人を苦手だと思った。率直に、くぐもった嘘をつくことなく、本心をひけらかして来る彼女は自分と遠くかけ離れている存在だと思った。一方で、山の向こうの景色が気になるように、もうすこし彼女のことを知ってみたいとも思った。

 小澤を見ると、ニヤニヤしながらマユコの耳元で何か囁いていた。大方、ホテルにでも誘っているのだろう。マユコは少しうんざりした様子で「えーそんなつもりじゃなかったぁ」と気だるい声を発した。すると小澤の形相が一変した。

「じゃあどういうつもりだったんだよ!」低い声で唸り、拳をローデーブルにどん、と叩き付けた。小澤の突然の豹変にマユコはたじろぎ、おののいた様子でいたが、「だって、あと1時間しかないし」と声を若干震わせながら弁解していた。僕は腕時計を見た。終電はとうに過ぎている時間で、何があと1時間なのか、よくわからなかった。

「1時間もあれば十分なんだよ」

 小澤は立ち上がり、強引にマユコの腕をひっぱり、店から出て行ってしまった。何が1時間あれば十分なのかよく分からなかった。が、きっとそういうことなのだろう。

 小澤とマユコがいなくなると、がらんとした空間に取り残されたような気分になった。他にも数名、客がいたのだが、とたんに静かになってしまったように思えた。僕とリサは顔を見合わせ、さて、これからどうしましょうかと言わんばかりに、無言のうちに語り合った。